本文へスキップ

日本相続カウンセル協会は円滑な相続を支援する専門家育成の協会です。TEL03-5541-5572

協会の紹介

設立の目的
当協会は弁護士、税理士その他の専門家と共同し相続財産の管理の適正化及び支援業務を円滑に行うことのできる
相続カウンセル(旧名称:相続管理士)を育成し、認定試験を行い相続カウンセルの認定を主たる業務としております。また、相続制度が円滑に運用できるよう相続管理の正しい知識の啓発と社会への普及を目的として設立されました。

会長挨拶
わが国は総人口に占める65歳以上人口の割合は26.0%に達しており、相続に関する問題も急激に増えて参りました。中には、わざわざ遺言書を残したにもかかわらず、遺族の間で紛争になるケースも散見されます。私どもは、高齢者の方が相続の問題でお悩みになることなく、明るく豊かに暮らしていただけるよう、平成28年2月に一般財団法人日本相続カウンセル協会を設立しました。
当協会は、正しい相続の知識に基づいて相続の総合的なコンサルティングを担える「相続カウンセル」の育成と認定、そして登録を実施する役割を担います。
当協会に登録された「相続カウンセル」は、継続的に協会から弁護士・税理士などの専門家の紹介や講習、指導を受けることによって、常に最新の相続実務の知識を身に着けて「相続カウンセル」としてキャリアアップを実現することができます。
 皆様が複雑な相続案件に直面することになった場合は、「相続カウンセル」にご相談いただくことによって、「相続カウンセル」がナビゲーターの立場で多くの専門家と共におひとりおひとりがスムーズな相続や継承が行えるよう解決を提案して参ります。
当協会は、わが国のすべての皆様がご安心できますように、「相続カウンセル」の人数の拡大と育成を図って参ります。
 皆様が、当協会が育成しました「相続カウンセル」に相続のお悩みの解決を託して、心置きなく人生を楽しんでいただけるよう念願しまして結びと代えさせて頂きます。

一般財団法人日本相続カウンセル協会
会長 中根敏勝


協会役員(理事、評議員、監事)
理事                  評議員         監事      
 中根敏勝 会長  弁護士       武村謙一        宮本英浩
 岡田純也 副会長           福岡英信
 石原昌照                永渕秀範                
 西村源一郎               岡田修一
 西浦武宏


本部長 
東京本部長  中根敏勝
関西本部長  中川 亮
大阪本部長  西浦武宏
兵庫本部長  井手康雄
奈良本部長  鈴木 弘
中国本部長  大下博志
九州本部長   下川尚則
九州本部    事務局長 河口 満
大分本部長  森ア昌敏
長崎本部長  栗林末毅
熊本本部長  藤本光雪
佐賀本部長  石ア広文
鹿児島本部長 上之園誠
沖縄本部長   石原昌照
 

日本相続カウンセル協会

〒104-0041
東京都中央区新富1-15-4

TEL 03-5541-5572